貴方にとっての

別れの日「そろそろだなあ・・・」
と、彼はまるで電車かバスでも待っているような声のトーンで私に話しかけました。
私は何も答えませんでした。
交際が始まって、そろそろ3年目の記念日を迎えようとしていました。
が、それは私にとって最も悲しい日だったのです。
何故なら「別れの日」だからです。
2人の交際は様々な事情があり、延々と続けられるものでは在りませんでした。
精一杯頑張って3年だったのです。
それでもいいと思ってお付き合いをしていたものの、あっという間にやってきた3年に
私はどのような顔をして向き合えば良いのかも分かりませんでした。
仲の良さは相変わらずでしたので、苦しい別れが待っていると思ったのですが
以外に彼はサッパリとしていました。
「前々から決まっていたことなんだし仕方が無い」といわんばかりでした。
寂しさを感じたのは事実です。
「貴方は悲しくないの?」なんて言葉を投げかけた私も居ました。
しかし、彼と話すほどに
「ああ、貴方にとって私はこれ位の存在なんだ」
「もっと私の存在は大きなものだと思って居た」
と感じたのです。
ある意味、別れが来たのはよかったのかもしれません。
もちろんね悲しみはありましたが割り切ってお付き合いをしていたんだろうという事を
知ることが出来たのですから。

向こう

「彼とは行く行く、お付き合いが出来たらいいな〜」
なんて、ほのかな願いを持っていました。
彼と私は仲良くなってそろそろ2ヶ月が過ぎようとしていました。
お互いに興味があることなどを共有し合える関係になって居ましたし
私の趣味の幅も彼と知り合ってから、うんと広がりを見せるようになりました。
彼は毎日のように連絡も入れてくれていましたし
お付き合い目前と言ったところだったのです。
しかし、実際に恋人にたどり着くにはそうとう時間がかかってしまいました(汗)
お互いに不器用だったという事もありますが、何より「相手からアクションしてくれる」
という意識がそれぞれにあったことが問題だったのです(苦笑)
2人して受身の姿勢でい続けたことで「肝心な一言」というものがいえなくなっていたのです。
先に気がついたのは私のほうでした。
向こうから来るなんて思う事自体が、甘えだったと感じた私は
自分の気持ちをある程度はストレートに表現するようになりました。
そしてまた、私のそんな態度をシッカリ見てくれていたのか
彼の態度も変化していったのです。
そうして、お互いに歩み寄りを見せることが出来て
ようやくお付き合いが始まったのは、知り合って1年半以上の時が流れていました。

好きをもっと

その頃、丁度私たちは過渡期を迎えていたのでしょうか。
好きと言う熱い気持ちが少しずつ落ち着いたものになり、私は彼の欠点が見えるようになって居ました。
私がそのような状態なのですから
彼だって同じですよね。
ただ違っていたのは、私はそれを口にし・彼は口にしないという事だけだったと思います。
1度、嫌いな部分を口にしてしまうと
悪いもので、次々に嫌いなところを見つけてしまうのです(汗)
そのたびに
「やっぱり彼とは上手く行かないのではないか」と自分自身を不安に陥れました。
「本当は、貴方も言いたい事があるんでしょ?ハッキリ言えばいいのに」
なんて、嗾けるようなことを言い始めたのはそれから暫くしてからのことでした。
関係はどんどん悪化していきました。
彼もついに我慢しきれなくなったのか「暫く距離を置こうか」と言い始めたのです。
1人の時間が出来て、彼の存在の大きさを改めて感じました。
突き放されないと分からないなんて情け無い話ですが(汗)
「嫌い」ではなくて、好きなところをもっと好きになることからはじめたいと思えたとき
私の心が前を向き始めたのだと思います。
そうして、少しずつではありますが
ポジティブなものに出来たとき、自然と2人の関係も元に戻っていきました。

Copyright© 2010 出会いサイト案内 All Rights Reserved.